図師雅人|いしを できるだけ 遠くへ うつす 方法(4)

ishi-4

アトリエメンバーの図師雅人が、「いしをできるだけ遠くへうつす方法」と題した自主企画展を行います。
全4回にわたり、作家の活動を原理的かつ実験的に捉えなおす試みとなります。本展はその第4回目。最終回となります。

 
2016/5/14(土)- 5/29(日) 土日のみ
13:00-19:00
会場:float
入場無料
 

『トークイベント』
トークゲストをお招きして一年を通して続けてきた本企画を振り返ります。

2016/5/28(土) 19:00〜
会場:float
入場無料

ゲスト:川原卓也
    2010年筑波大学人間総合科学研究科修了。
    2012-13年 四谷アート・ステュディウム在籍、2014年- Post Studium会員。
    写真、言語、身体などを用いて作品を制作。

    佐藤史治
    1989年奈良県生まれ。筑波大学大学院人間総合科学研究科を修了後、都内の某文化施設に勤務。
    個人としても作家活動を行なう一方で、佐藤史治+原口寛子としても精力的に制作・発表している。
    2012年からオルタナティブスペース「あをば荘」を墨田区に設立し、住人として企画・運営に携わる。みずがめ座。
    http://satouharaguchi.tumblr.com/
 
 

お問い合わせ
masahitozushi@gmail.com

作家ウェブサイト
http://www.masahitozushi.com
(第1〜3回の作品はこちらでご覧いただけます。)
 


 

いよいよこれで最後の展示となります。
いつものようにメモから展示に関わりそうなものを選んで、展示に向けた言葉に変えられたらと思う。
今回は最後だから特別に2つ。断片的にでも道筋になれば、と。

1.

存在するものに与えられる時間。
例えば、引いた線の数だけ、時間の流れ方、形が存在するのだとしたら。

2.

何か(ふたつの事柄)が結ばれ合う。
それはゆるやかにうつくしい階調がある成り行きにみえる。
だが事の次第がスムーズであるようにみえても、
それはある一部分だけをみたならそう見えるだけで、
もっと、大きな、広い、高い、遠くからの視点に立てば、
どこかを境にズレが生じている地点を見つけ出すことができるかもしれない。
(その地点は明確な時もあるし、曖昧な時もあるだろう)
“変化”と呼ばれるものは、 “劇的”といわれるような、
瞬時に起きてそれを認識できるものもあると思うし、
始まりと終わりのどちらの端もみえないほどに、
そう、例えば自分自身が生まれるずっと前にはじまっていて、
今その”変化”の只中で、目的は一世紀とか、千年紀とか遥か先に設定されていて、
日々微妙に更新されているような状況の中では、
「ああ、これだ。」なんて思えっこない。

(制作メモより抜粋)

 

 

コメントはまだありません

float:RENOVATION 01″リノベーションカフェ”完成お披露目会 / float:OPEN ATELIER 01 四方謙一”compounded mirror” / float:PERFORMANCE 01 オカザキ恭和×藤舎推峰”REBIRTH”

「墨東まち見世2011」も終盤となりましたが、ようやくフライヤーが完成いたしました。

今回は、11月23日に開催されるイベントのご案内です。

Details »

surface noise

float : CINEMA 01 “surface noise”

みんなでfloatで映画を見ませんか?

floatでは映画上映イベント “float : CINEMA 01″を開催します。

Details »

トークイベント「墨東まち見世塾」が開催されます。

「墨東まち見世塾」がfloatで行われます。

みなさんお誘い合わせの上ぜひお越しください。

Details »

float : RENOVATION 01

float : RENOVATION 01 “リノベーションカフェ” 始まります。

自分たちの手で floatを改装します。

Details »

float : EXHIBITION 00

floatの初めてのイベント”float : EXHIBITION 00″が会期終了となりました。

多くの方々のご来場ありがとうございました!

Details »

float、建設中!

9/3〜9/17に開催される float: EXHIBITION00に向けて

会場整備絶賛進行中!

Details »