鵜野千晴|宇宙を想起させる森だった、

アーティスト・鵜野千晴の個展『宇宙を想起させる森だった、』を開催します。

会期:2013年11月22日(金)ー12月1日(日)会期中の金土日のみオープン
時間:13:00~19:00 入場無料
会場:float

企画:佐藤圭

鵜野は版技法を学び「見つめる存在」という概念をテーマに平面作品を制作してきましたが、
最近ではその枠を超え、レイヤーを積層させるようなインスタレーションを制作しています。
「見つめる存在」とは言い換えれば、メタ認知のようなことかもしれません。
自分の思考や行動を客観的に把握/認識する過程で、その主体の不確かさに気付くことがあります。
彼女は<見つめる/見つめられる>の繰り返しを神聖な視点でイメージし作品を制作しています。

本展では、flaotの空間をもとに彼女の世界観を展開していきます。
また11月23日(土)にはトークとレセプションパーティーを予定しています。
皆様お誘い合わせのうえ是非お越し下さいませ。

 

|トーク+レセプションパーティー

11月23日(土)18:00~
これまでの作品などの解説を交えながら、本展についてひも解いていきます。
『宇宙を想起させる森だった、』スペシャルレイヤーフードを振る舞います。
ドリンクを片手に是非お楽しみください。

 

|鵜野千晴 Chiharu UNO

1988年広島県生まれ。広島市在住。
2011年多摩美術大学美術学部絵画学科版画専攻 卒業

個展
「鵜野千晴展」 ガレリアグラフィカbis(東京,2011)

グループ展
「第17回川上澄生木版画大賞展」 鹿沼市川上澄生美術館(栃木,2010)
「第10回トーキョーワンダーウォール」 東京都現代美術館(東京,2010)

 

コメントはまだありません

animal vol.1

音響ユニット「くふき」の主催するパーティ”animal”にfloatが出品します。
外苑前から少し歩いた住宅街にあるbonoboというスペースで平面・立体・映像など様々なジャンルの表現を展示する予定です。

Details »

hazai project

スタジオまめちょうだいのワークショップ「hazai project」をfloatで行ないます。

2014/3/16(日)13:00-18:00

Details »

鵜野千晴|宇宙を想起させる森だった、

アーティスト・鵜野千晴の個展『宇宙を想起させる森だった、』を開催します。

会期:2013年11月22日(金)ー12月1日(日)会期中の金土日のみオープン
時間:13:00~19:00 入場無料
会場:float

企画:佐藤圭

Details »

float:CINEMA 04 “百光”

アーティスト・西澤諭志の新作映画『百光』の上映会をfloatで行います。

Details »

float:CINEMA 03 “トッポギ上映会”

筑波大学芸術専門学群の学生たちを中心に製作された映画「トッポギ」の上映会をfloatで行ないます。
料理トッポギを食べながら映画トッポギを見る会です。
映画と料理の他にも主題歌のライブやトークショーも予定されています。
みなさまお誘い合わせの上是非お越しくださいませ。

Details »

三原回|死ぬのはいつも他人ばかり

今夏、美術家・三原回の個展を、ギャラリーが併設され、新しく生まれ変わったfloatでの初の招待企画として開催致します。

会期:2013年8月23日(金)–9月16日(月・祝) 会期中の金土日・祝のみオープン
時間:16:00~20:30 入場無料
会場:float・あをば荘 同時開催

企画:図師雅人

Details »

USTREAM番組がfloatから配信されます。

墨田区で活動する「下町ストリーム」というUSTREAMを配信している放送局が、floatを会場にして放送を行います。

Details »

float: EXHIBITION 01

floatに併設するギャラリーf(gallery)にてfloat所属作家による作品展示を行ないます。
2013年6月7日から8月18日の期間中、毎週金・土・日曜日にご覧頂くことができます。
2週間のスパンで各作家の展示が入れ替わる予定です。
みなさまのご来場お待ちしております。

Details »

f(gallery):OHIROME

floatに併設するギャラリーが完成しました。
ギャラリーのお披露目会を5月18日(土)に行ないます。
みなさま是非お越しくださいませ。

Details »

float:鴨と泡の会 and FREE MARKET

4月3日(水)にfloatで食事会が行われます。
また同じ日時にfloatでフリーマーケットが行われます。
みなさま是非お越しくださいませ。

Details »