藤林悠|uncertain_03

fujibayashi_insta
藤林悠の個展を開催します。


藤林悠|uncertain_03

作家は、東京造形大学絵画専攻に在学時から映像作品を撮り始め、
東京藝術大学大学院壁画研究室修了後から、映像作品の静止画をラムダプリントしたものを発表し始めます。
その後、建造物の天井部分を撮影した写真、電気ケーブルを構成した写真作品も制作しています。
作家にとって、写真という手法は完全な技術でありイメージを構成するためのものでしたが、
いつしか写真表現を理解しようと努めるため、iphoneとinstagramを利用し、日記のような写真を撮り始めます。
1日1枚、又はそれ以上をノルマとして。
色彩に過剰な情報を得てしまう作家は、撮影直後にアプリケーションによって色彩を取り去り、エフェクトをかけ、SNS上にUP。
ドローイングのような感覚で写真を撮り続けました。今回は、この行いを始めてから1年あまりに渡り、撮りためた写真を紙媒体にプリントして全て陳列、実験的に発表します。
ハンディな媒体ならではの機敏性と、日々の生活の中に集中された目線の集積から何を読み取る事ができるでしょうか。
茨城、東京、秋田、群馬、長野、韓国などなど、作家が移動した場所性も含みつつ、創作の源泉となる対象がそこには現れるでしょう。

 

【会期】
2016/1/23(土)~2/21(日)
金曜:19-21時 土曜・日曜:13-19時のみオープン
入場無料 

【トークイベント】
「写真の現在からみた、藤林悠の写真」
2016/2/14(日) 18-20時
ゲスト:市原研太郎

美術評論家の市原研太郎氏をお迎えし、対談形式のトークを行います。
日々取りためた約1年分の写真を一同に貼り出す、という今回の展覧会に合わせ、絵画の技法に近い感覚で写真表現を利用してきた作家の作品は、
周辺の動向と比べどの位置にあるか?というテーマの元に対談します。

予約制、定員20名
2/12金曜〆切
・名前
・人数
・連絡先
を添え、fujibayashi.haruka@gmail.com まで。

【問い合わせ】
fujibayashi.haruka@gmail.com

 

【作家情報】

藤林 悠/Haruka FUJIBAYASHI

日々、場所、人々といった外的要因から着想を得て、目に留まった事象を作品化。

秋田県秋田市出身
2008 東京藝術大学大学院美術研究科 絵画専攻壁画研究領域 修士課程修了
2006 東京造形大学美術学科絵画専攻卒業
・主な展覧会
2015 中之条ビエンナーレ(中之条町・群馬県)
2015 3331 Art Fair 2015 ‒Various Collectors’ Prizes‒(3331 Arts Chiyoda・東京都)
2014-2015 ハクリビヨリ#06,#07(小諸市・長野県)
2013 火の無い処に煙を立てる。(拝借景・茨城県)
2012 イバラキダバダ TOKYOdabada vol.9(アーカススタジオ・茨城県)
2010-2013 ZERODATE Art Project_ゼロダテ美術展(大館市・秋田県)
2012-2013 TRANS ARTS TOKYO(千代田区・東京)
2009 103(switch point・東京)
2004-2005 KOSHIKI Art Project_甑島で、つくる。(甑島・鹿児島)

 

コメントはまだありません

float

floatについて

様々な出来事が漂着(float)する場所。

floatは東京都墨田区にあるプレス工場を改装したシェアアトリエ兼イベントスペースです。

Details »

お直し考

お直しカフェのはしもとさゆり、建築を身近に考えるスタジオまめちょうだいが「お直し」をテーマに展示を行います。
穴のあいた衣服を針と糸で塞ぐ、家を木っ端とビスで補強する。広く言えばどちらもお直しでしょうか。

3/8(金)、9(土)、10(日) 11:00〜19:00

※本企画は墨田区のアートプロジェクト39アートin向島参加企画です。
※3/9は39アートの日!来てくださった方には特別な何かをプレゼントします!

float:空想未確認忘年会2018

12月27日の18時からfloatの忘年会を行います。
四谷未確認スタジオの黒坂祐さん、空想地図の地理人(今和泉隆行さん)をお招きしたトークイベントも開催します。

Details »

ARAKI Miyu 「practice ○」

あまり見せないpracticeシリーズの個展を開催いたします。

ものに穴をあけると、価値や機能は失われてしまいます。
なくなること、なくすこと、あなをあけることは、
目が覚めなくなるまでのpracticeだと思っています。

ぜひ、どなたでも、お気軽に遊びにいらしてください。

2018.11.17 – 12.9
金・土・日曜日のみオープン(期間中の月曜日は公開制作予定)
※twitter @aruki3u または araki3u.net のcontactよりお問い合わせください。
※展示期間中にゲストを招いた作品の【 かんしょう 】が行われます。
※展示期間中に作品が増えたり、変化する公開制作型の個展です。

荒木美由 ARAKI Miyu

Details »

#シネマコンプレックス文花

#シネマコンプレックス文花 は文花中学校を中心とした半径500M程度のアートスペース5つが参加する展示と、文花中学校夜間学級を題材にしたドキュメンタリー映画『こんばんは』の上映を核としたイベントです。11/10の文化祭と11/11の巡回展に、floatから國武葵、高橋大地、山本千加、スタジオまめちょうだいが参加します。

#シネマコンプレックス文花 はfloatから徒歩5分程度の場所にある文花一丁目のシェアアトリエ「ドマトトコ」をメイン会場に開催されます。

Details »

明暗元年|美学校・ギグメンタ2018

美学校・ギグメンタ2018の展覧会「明暗元年」が墨田区・台東区の7会場で開催されます。
floatも会場の一つとなっています。

会 期:2018年6月30日(土)、7月1日(日)、7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)、16日(月・祝)/全7日間
時 間:13:00〜19:00
会 場:space dike、sheepstudio、spiid、デトロイトコーンクラブ、あをば荘、まぼろし空間ユブネ、float /全7会場
入場料:500円
※ 全会場共通のフリーパス制
※ パスポート提示で会期中何度でも展示をご覧いただけます
※ パスポート販売会場:float、sheepstudio、space dike、spiid、あをば荘

Details »

float:おむすび会

「おむすびからはじめませんか?」を合言葉に、全国を旅しながらおむすびを結んでいる、旅するおむすび屋さん
旅するおむすび屋さんが全国で見つけたお米や海苔、塩がfloatで出会います!みなさんが見つけたオススメ具材もお待ちしてます!墨田区ならではの具材に出会いたい◎

Details »

「P.M. 02:00」Private mission by Mari maeda

Details »

float : さいはてのキャバレーとはなんだったのか忘年会2017

floatの忘年会を開催します。
去年のセコリ荘おでんナイトに続き、今年はEat&Art Taroさんをお呼びして「さいはてのキャバレーとは何だったのか忘年会」という趣旨のイベントにします!

Details »

墨東マチカラ・ワークショップ

まち×マンカラ!
今でも金属加工や繊維の町工場が多く点在する墨田区。
実際にはどんなものが作られているのだろう?
このワークショップでは墨東エリアの町工場から出る部品でおはじき作りをします。
完成したらマチカラ用オリジナルボードで遊びます♪ マンカラを知らない方でも是非ご参加ください。

Details »

float「新入生展」

このたびfloatでは、この1年で新たにfloatメンバーとなった川端明里、やまもとちか、小菅玲奈による新入生展を開催
いたします。それぞれの活動と共に、floatという場所を楽しんで行ってもらえたらと思います。

2017/11/4(Sat.) – 2017/11/26(Sun.)
土日のみオープン/13:00-19:00

Details »