三原回|飛んで死にいる彼は誰れの

front

この度、floatではあをば荘、ドマトトコと共同での三原回の個展を開催いたします。東京墨田区のオルタナティヴ・スペース3ヶ所を会場に、
2年半ぶりとなる今回の個展は、三原がここ数年「死」との距離をコンセプトに制作を続けてきた中での心境の変化なども経て、シリーズ最新作を一挙に発表する貴重な機会です。
二年前、floatにて開催された前回の個展へのセルフアンサーとしての側面もある本展。2年半前の個展をご覧になった方もそうでない方も是非ともご高覧頂けますと幸いです。

 
三原回|飛んで死にいる彼は誰れの

 
2015/12/30(水)~ 2016/1/17(日)
金土日のみオープン[12/30(水), 31(木)はオープン]
16:30~21:30(1/1を除く金曜日は18:00からオープン)
会場:float・あをば荘(2F)・ドマトトコ 3ヶ所同時開催



 

【関連イベント】 *500円からのカンパ制(パーティでの飲食代込み)

2015/12/31〈木・大晦日〉18:00 ~ 2016/1/1〈金・元旦〉21:00(途中入退場可)
オープニングイベント「オルタナティヴ年越し」
会場:ドマトトコ

2016/1/9(土)19:00~
トークイベント「他人ばかりが死んだ、私はまだ他人ではない」
出演:三原回 × 図師雅人(アーティスト)
会場:ドマトトコ

 

会場:

【あをば荘】http://awobasoh.com/
〒131-0044 東京都墨田区文花1-12-12 あをば荘
 
【ドマトトコ】http://domatotoko.jimdo.com
〒131-0044 東京都墨田区文花1-12-10-103 ドマトトコ
 
【float】
〒131-0044 東京都墨田区文花2-6-3 1F

 

三原回

美術家/アーティスト。1987年東京都生まれ。
死生観や、メディアを仲介することによる距離(または近さ)などをテーマに、既製品と電子音を用いたインスタレーション、他に映像や写真などを用いて作品を展開。
主な個展に2013年の「死ぬのはいつも他人ばかり」(float・あをば荘 同時開催 / 東京)、2011年の「sample of view」(ASK? P / 東京)、
グループ展に2015年の「TRANS ARTS TOKYO 2015」(長島ビル / 東京)、2014年の「湿地」(22:00画廊 / 東京)など。
近年はentakukikaku名義で展覧会の企画・コーディネートも行い、主なディレクションに2015年の岡本羽衣個展「ありうる」(ドマトトコ / 東京)、
グループ展「退廃藝術展2015」(DESK/okumura / 東京)、「the art fair ULTRA 2015」(spiral / 東京)などがある。

 

WEB: http://mihalab.jp

 

コメントはまだありません

float

floatについて

様々な出来事が漂着(float)する場所。

floatは東京都墨田区にあるプレス工場を改装したシェアアトリエ兼イベントスペースです。

Details »

MAN’s EYE 「Hash Noise」/「2B One」

7/5~7/28の間、floatではMAN’s EYEによる展示とライブを行います。
皆様のご来場をお待ちしております!
Details »

お直し考

お直しカフェのはしもとさゆり、建築を身近に考えるスタジオまめちょうだいが「お直し」をテーマに展示を行います。
穴のあいた衣服を針と糸で塞ぐ、家を木っ端とビスで補強する。広く言えばどちらもお直しでしょうか。

3/8(金)、9(土)、10(日) 11:00〜19:00

※本企画は墨田区のアートプロジェクト39アートin向島参加企画です。
※3/9は39アートの日!来てくださった方には特別な何かをプレゼントします!

float:空想未確認忘年会2018

12月27日の18時からfloatの忘年会を行います。
四谷未確認スタジオの黒坂祐さん、空想地図の地理人(今和泉隆行さん)をお招きしたトークイベントも開催します。

Details »

ARAKI Miyu 「practice ○」

あまり見せないpracticeシリーズの個展を開催いたします。

ものに穴をあけると、価値や機能は失われてしまいます。
なくなること、なくすこと、あなをあけることは、
目が覚めなくなるまでのpracticeだと思っています。

ぜひ、どなたでも、お気軽に遊びにいらしてください。

2018.11.17 – 12.9
金・土・日曜日のみオープン(期間中の月曜日は公開制作予定)
※twitter @aruki3u または araki3u.net のcontactよりお問い合わせください。
※展示期間中にゲストを招いた作品の【 かんしょう 】が行われます。
※展示期間中に作品が増えたり、変化する公開制作型の個展です。

荒木美由 ARAKI Miyu

Details »

#シネマコンプレックス文花

#シネマコンプレックス文花 は文花中学校を中心とした半径500M程度のアートスペース5つが参加する展示と、文花中学校夜間学級を題材にしたドキュメンタリー映画『こんばんは』の上映を核としたイベントです。11/10の文化祭と11/11の巡回展に、floatから國武葵、高橋大地、山本千加、スタジオまめちょうだいが参加します。

#シネマコンプレックス文花 はfloatから徒歩5分程度の場所にある文花一丁目のシェアアトリエ「ドマトトコ」をメイン会場に開催されます。

Details »

明暗元年|美学校・ギグメンタ2018

美学校・ギグメンタ2018の展覧会「明暗元年」が墨田区・台東区の7会場で開催されます。
floatも会場の一つとなっています。

会 期:2018年6月30日(土)、7月1日(日)、7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)、16日(月・祝)/全7日間
時 間:13:00〜19:00
会 場:space dike、sheepstudio、spiid、デトロイトコーンクラブ、あをば荘、まぼろし空間ユブネ、float /全7会場
入場料:500円
※ 全会場共通のフリーパス制
※ パスポート提示で会期中何度でも展示をご覧いただけます
※ パスポート販売会場:float、sheepstudio、space dike、spiid、あをば荘

Details »

float:おむすび会

「おむすびからはじめませんか?」を合言葉に、全国を旅しながらおむすびを結んでいる、旅するおむすび屋さん
旅するおむすび屋さんが全国で見つけたお米や海苔、塩がfloatで出会います!みなさんが見つけたオススメ具材もお待ちしてます!墨田区ならではの具材に出会いたい◎

Details »

「P.M. 02:00」Private mission by Mari maeda

Details »

float : さいはてのキャバレーとはなんだったのか忘年会2017

floatの忘年会を開催します。
去年のセコリ荘おでんナイトに続き、今年はEat&Art Taroさんをお呼びして「さいはてのキャバレーとは何だったのか忘年会」という趣旨のイベントにします!

Details »

墨東マチカラ・ワークショップ

まち×マンカラ!
今でも金属加工や繊維の町工場が多く点在する墨田区。
実際にはどんなものが作られているのだろう?
このワークショップでは墨東エリアの町工場から出る部品でおはじき作りをします。
完成したらマチカラ用オリジナルボードで遊びます♪ マンカラを知らない方でも是非ご参加ください。

Details »