図師雅人|いしを できるだけ 遠くへ うつす 方法(3)

プリント   プリント   プリント

アトリエメンバーの図師雅人が、「いしをできるだけ遠くへうつす方法」と題した自主企画展を本年度3ヶ月に一度ぐらいのペースで行います。
全4回にわたり、作家の活動を原理的かつ実験的に捉えなおす試みとなります。本展はその第3回目となります。

「いしをできるだけ遠くへうつす方法(3)」

2015/12/12(土)- 12/27(日) 土日祝のみ
13:00-19:00

会場:float
入場無料

お問い合わせ
masahitozushi@gmail.com

作家ウェブサイト
http://www.masahitozushi.com
(第1,2回目の作品はこちらでご覧いただけます。)


 

メモを記す。本のページに折り目をつける。携帯でスナップショットを撮る。
気に入ったネットのページや画像をファイル保存する。
意識の徴をつけられたものは、そのような行為の形であらわれ、私の手元に残されていく。
または外部との関係として保持される。
その中から例えばこの二つを並べてみる。

いつものお弁当を買いに行く通り道、みつけた鮮やかな赤色をつけて咲く花。
(携帯の写真におさめた。花の名は知らない。)
イスラエルの夕暮れのゴミ処理場で飛び舞うムクドリの群れは、うつくしく有機形態を象る。
(AFP ネットニュースの記事でみつけた画像。)

収集の痕跡は多く、いくつでも選択肢はある中で、この二つを並べてみようと思う。
一見、関係を見出しにくいこの2つの風景を、結びつけようと思う。この衝動を。
時間、地理、歴史、物語、隠喩など、 どれをおいても判断を下しがたい、困難さをおして出会いを与えようとする衝動を。
根拠は切り詰めて自身の感性のみによる。
帰納法としての、この感性と美学の立証。
この出会いは無数の選択肢から導き出される可能性。
それは世界の一致。
それは一部だが、こちらに覗かせる世界の顔、そのもの。
発生場こそは、収集する主体であり、 主観の賛美などではなく、一媒介としての可能性として見るべきもの。
これは美しい出会いだ。

(制作メモより抜粋)

 

 

コメントはまだありません

float

floatについて

様々な出来事が漂着(float)する場所。

floatは東京都墨田区にあるプレス工場を改装したシェアアトリエ兼イベントスペースです。

Details »

MAN’s EYE 「Hash Noise」/「2B One」

7/5~7/28の間、floatではMAN’s EYEによる展示とライブを行います。
皆様のご来場をお待ちしております!
Details »

お直し考

お直しカフェのはしもとさゆり、建築を身近に考えるスタジオまめちょうだいが「お直し」をテーマに展示を行います。
穴のあいた衣服を針と糸で塞ぐ、家を木っ端とビスで補強する。広く言えばどちらもお直しでしょうか。

3/8(金)、9(土)、10(日) 11:00〜19:00

※本企画は墨田区のアートプロジェクト39アートin向島参加企画です。
※3/9は39アートの日!来てくださった方には特別な何かをプレゼントします!

float:空想未確認忘年会2018

12月27日の18時からfloatの忘年会を行います。
四谷未確認スタジオの黒坂祐さん、空想地図の地理人(今和泉隆行さん)をお招きしたトークイベントも開催します。

Details »

ARAKI Miyu 「practice ○」

あまり見せないpracticeシリーズの個展を開催いたします。

ものに穴をあけると、価値や機能は失われてしまいます。
なくなること、なくすこと、あなをあけることは、
目が覚めなくなるまでのpracticeだと思っています。

ぜひ、どなたでも、お気軽に遊びにいらしてください。

2018.11.17 – 12.9
金・土・日曜日のみオープン(期間中の月曜日は公開制作予定)
※twitter @aruki3u または araki3u.net のcontactよりお問い合わせください。
※展示期間中にゲストを招いた作品の【 かんしょう 】が行われます。
※展示期間中に作品が増えたり、変化する公開制作型の個展です。

荒木美由 ARAKI Miyu

Details »

#シネマコンプレックス文花

#シネマコンプレックス文花 は文花中学校を中心とした半径500M程度のアートスペース5つが参加する展示と、文花中学校夜間学級を題材にしたドキュメンタリー映画『こんばんは』の上映を核としたイベントです。11/10の文化祭と11/11の巡回展に、floatから國武葵、高橋大地、山本千加、スタジオまめちょうだいが参加します。

#シネマコンプレックス文花 はfloatから徒歩5分程度の場所にある文花一丁目のシェアアトリエ「ドマトトコ」をメイン会場に開催されます。

Details »

明暗元年|美学校・ギグメンタ2018

美学校・ギグメンタ2018の展覧会「明暗元年」が墨田区・台東区の7会場で開催されます。
floatも会場の一つとなっています。

会 期:2018年6月30日(土)、7月1日(日)、7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)、16日(月・祝)/全7日間
時 間:13:00〜19:00
会 場:space dike、sheepstudio、spiid、デトロイトコーンクラブ、あをば荘、まぼろし空間ユブネ、float /全7会場
入場料:500円
※ 全会場共通のフリーパス制
※ パスポート提示で会期中何度でも展示をご覧いただけます
※ パスポート販売会場:float、sheepstudio、space dike、spiid、あをば荘

Details »

float:おむすび会

「おむすびからはじめませんか?」を合言葉に、全国を旅しながらおむすびを結んでいる、旅するおむすび屋さん
旅するおむすび屋さんが全国で見つけたお米や海苔、塩がfloatで出会います!みなさんが見つけたオススメ具材もお待ちしてます!墨田区ならではの具材に出会いたい◎

Details »

「P.M. 02:00」Private mission by Mari maeda

Details »

float : さいはてのキャバレーとはなんだったのか忘年会2017

floatの忘年会を開催します。
去年のセコリ荘おでんナイトに続き、今年はEat&Art Taroさんをお呼びして「さいはてのキャバレーとは何だったのか忘年会」という趣旨のイベントにします!

Details »

墨東マチカラ・ワークショップ

まち×マンカラ!
今でも金属加工や繊維の町工場が多く点在する墨田区。
実際にはどんなものが作られているのだろう?
このワークショップでは墨東エリアの町工場から出る部品でおはじき作りをします。
完成したらマチカラ用オリジナルボードで遊びます♪ マンカラを知らない方でも是非ご参加ください。

Details »