図師雅人|いしを できるだけ 遠くへ うつす 方法(1)

isi-img2

アトリエメンバーの図師雅人が、「いしをできるだけ遠くへうつす方法」と題した自主企画展を本年度三ヶ月に一度ぐらいのペースで行います。
全四回にわたり、作家の活動を原理的かつ実験的に捉えなおす試みとなります。
 
 
「いしをできるだけ遠くへうつす方法(1)」

2015/5/23(土)-6/7(日) 土日のみ
13:00-19:00

会場:float
入場無料
※会期中一部展示替えあり

お問い合わせ
masahitozushi@gmail.com

作家ウェブサイト
http://www.masahitozushi.com

 

〜いしをできるだけ遠くへうつす方法〜
 

何かを作り出すということは、記号を産み落とし世界に向けて送りだすということだ。
他者と、時間の推移の関係によって変動する解釈とその流通の世界へと。

その前提としてあるのは、ある種ドメスティックな関係性。
作品と、それを作り出す者との親密かつ閉塞的な関係性がその最小単位となる。
しかし、「無からは何も生じない」
この格言が示す通り、
何かを作るためにはそれに先行する思想、視覚情報、知識、環境といった
複合的な土壌がその者に備わることが必要となる。
この土壌を形成する要素は、だがまた記号だ。
幾つもの性質をもち、社会性と歴史を獲得した記号の大群。
それを自らの思考と身体、物理的かつ生理的、
また精神性を連合させる人体という複雑なメディウムに介在させることで、
抽出あるいは昇華、濾過、圧縮…、
いずれにせよ何らかの手段によって為された、
作品という名の新たな記号が生まれる。
変遷を辿ることを運命付けられて。

このひとつの記号は、あるひとつの時点と断面だ。
それはチャールズ&レイ・イームズの「Powers of Ten」が掲示した世界の視点のごとく、
巨視と微視からなるこの双方向に向けられた連綿たる運動に組み込まれて在るだろう。

幾つもの先行条件に身を晒しつつ、
記号を産出する者として自覚を持ち、ある時点と断面の属性を設定すること。
この行為に宿る主体性とは何だろう?
作品という「ここ」に「宿す」という行為において、脈々たる記号の堆積を負いつつも、
なおそこで選び抜かれる手段のその選択と決定とは何だろう?
そこでは作者のアウラの存在を問われているのではない。
記号が晒されるその膨大な解釈とそれに応じた流通に対する賭け金としての、
多重に移ろう主体性をこそ問われる。
つまりこの主体は記号が辿る運動の中で分化を余儀なくされ、
だがまたそれを糧とし信託される主体は、その先に待ち受ける未来を得ることが叶う。

自らが作り出すモノが、既定されること(過去)を前提とし、
改編されること(未来)をまた前提とする。
質量を十分にもつ、いしをできるだけ遠くへうつす方法。
今にあって私は、これを試みなければならない。
 
 

図師 雅人

(制作メモより抜粋)
 
 

コメントはまだありません

float

floatについて

様々な出来事が漂着(float)する場所。

floatは東京都墨田区にあるプレス工場を改装したシェアアトリエ兼イベントスペースです。

Details »

ARAKI Miyu 「practice ○」

あまり見せないpracticeシリーズの個展を開催いたします。

ものに穴をあけると、価値や機能は失われてしまいます。
なくなること、なくすこと、あなをあけることは、
目が覚めなくなるまでのpracticeだと思っています。

ぜひ、どなたでも、お気軽に遊びにいらしてください。

2018.11.17 – 12.9
金・土・日曜日のみオープン(期間中の月曜日は公開制作予定)
※twitter @aruki3u または araki3u.net のcontactよりお問い合わせください。
※展示期間中にゲストを招いた作品の【 かんしょう 】が行われます。
※展示期間中に作品が増えたり、変化する公開制作型の個展です。

荒木美由 ARAKI Miyu

Details »

明暗元年|美学校・ギグメンタ2018

美学校・ギグメンタ2018の展覧会「明暗元年」が墨田区・台東区の7会場で開催されます。
floatも会場の一つとなっています。

会 期:2018年6月30日(土)、7月1日(日)、7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)、16日(月・祝)/全7日間
時 間:13:00〜19:00
会 場:space dike、sheepstudio、spiid、デトロイトコーンクラブ、あをば荘、まぼろし空間ユブネ、float /全7会場
入場料:500円
※ 全会場共通のフリーパス制
※ パスポート提示で会期中何度でも展示をご覧いただけます
※ パスポート販売会場:float、sheepstudio、space dike、spiid、あをば荘

Details »

float:おむすび会

「おむすびからはじめませんか?」を合言葉に、全国を旅しながらおむすびを結んでいる、旅するおむすび屋さん
旅するおむすび屋さんが全国で見つけたお米や海苔、塩がfloatで出会います!みなさんが見つけたオススメ具材もお待ちしてます!墨田区ならではの具材に出会いたい◎

Details »

「P.M. 02:00」Private mission by Mari maeda

Details »

float : さいはてのキャバレーとはなんだったのか忘年会2017

floatの忘年会を開催します。
去年のセコリ荘おでんナイトに続き、今年はEat&Art Taroさんをお呼びして「さいはてのキャバレーとは何だったのか忘年会」という趣旨のイベントにします!

Details »

墨東マチカラ・ワークショップ

まち×マンカラ!
今でも金属加工や繊維の町工場が多く点在する墨田区。
実際にはどんなものが作られているのだろう?
このワークショップでは墨東エリアの町工場から出る部品でおはじき作りをします。
完成したらマチカラ用オリジナルボードで遊びます♪ マンカラを知らない方でも是非ご参加ください。

Details »

float「新入生展」

このたびfloatでは、この1年で新たにfloatメンバーとなった川端明里、やまもとちか、小菅玲奈による新入生展を開催
いたします。それぞれの活動と共に、floatという場所を楽しんで行ってもらえたらと思います。

2017/11/4(Sat.) – 2017/11/26(Sun.)
土日のみオープン/13:00-19:00

Details »

高原秀平|下園雄輝「メエルシュトレエム」

この度、あをば荘・floatでは、下園雄輝と高原秀平による二人展「メエルシュトレエム」を開催いたします。

Details »

カフェインリノベーション2017

建築家の日高恵理香とスタジオまめちょうだいによる企画です。
本企画は39アートin向島2017に参加しています。http://39art-mukoujima.info
floatのギャラリー部分の改装を行うほか、それに関わる様々な検討図面や墨東地区のリサーチによって生まれた作品を展示します。
2017/3/9〜20 11:00〜18:00のオープンです。
みなさま是非一度覗きに来てみてください。

Details »

JohnYellow|PERCENTAGE/PERSONIFICATION

この度floatでは、John Yellow個展「PERCENTAGE/PERSONIFICATION」を開催いたします。
皆様お誘い合わせの上ぜひお越しください。

会期
2016年8/1(月)-7(日)
13.14 20.21 27.28(土日)
13:00-19:00
(8/7以降は土日のみのオープンとなります。)

会場:float

企画:図師雅人

Details »