図師雅人|いしを できるだけ 遠くへ うつす 方法(1)

isi-img2

アトリエメンバーの図師雅人が、「いしをできるだけ遠くへうつす方法」と題した自主企画展を本年度三ヶ月に一度ぐらいのペースで行います。
全四回にわたり、作家の活動を原理的かつ実験的に捉えなおす試みとなります。
 
 
「いしをできるだけ遠くへうつす方法(1)」

2015/5/23(土)-6/7(日) 土日のみ
13:00-19:00

会場:float
入場無料
※会期中一部展示替えあり

お問い合わせ
masahitozushi@gmail.com

作家ウェブサイト
http://www.masahitozushi.com

 

〜いしをできるだけ遠くへうつす方法〜
 

何かを作り出すということは、記号を産み落とし世界に向けて送りだすということだ。
他者と、時間の推移の関係によって変動する解釈とその流通の世界へと。

その前提としてあるのは、ある種ドメスティックな関係性。
作品と、それを作り出す者との親密かつ閉塞的な関係性がその最小単位となる。
しかし、「無からは何も生じない」
この格言が示す通り、
何かを作るためにはそれに先行する思想、視覚情報、知識、環境といった
複合的な土壌がその者に備わることが必要となる。
この土壌を形成する要素は、だがまた記号だ。
幾つもの性質をもち、社会性と歴史を獲得した記号の大群。
それを自らの思考と身体、物理的かつ生理的、
また精神性を連合させる人体という複雑なメディウムに介在させることで、
抽出あるいは昇華、濾過、圧縮…、
いずれにせよ何らかの手段によって為された、
作品という名の新たな記号が生まれる。
変遷を辿ることを運命付けられて。

このひとつの記号は、あるひとつの時点と断面だ。
それはチャールズ&レイ・イームズの「Powers of Ten」が掲示した世界の視点のごとく、
巨視と微視からなるこの双方向に向けられた連綿たる運動に組み込まれて在るだろう。

幾つもの先行条件に身を晒しつつ、
記号を産出する者として自覚を持ち、ある時点と断面の属性を設定すること。
この行為に宿る主体性とは何だろう?
作品という「ここ」に「宿す」という行為において、脈々たる記号の堆積を負いつつも、
なおそこで選び抜かれる手段のその選択と決定とは何だろう?
そこでは作者のアウラの存在を問われているのではない。
記号が晒されるその膨大な解釈とそれに応じた流通に対する賭け金としての、
多重に移ろう主体性をこそ問われる。
つまりこの主体は記号が辿る運動の中で分化を余儀なくされ、
だがまたそれを糧とし信託される主体は、その先に待ち受ける未来を得ることが叶う。

自らが作り出すモノが、既定されること(過去)を前提とし、
改編されること(未来)をまた前提とする。
質量を十分にもつ、いしをできるだけ遠くへうつす方法。
今にあって私は、これを試みなければならない。
 
 

図師 雅人

(制作メモより抜粋)
 
 

コメントはまだありません

float

floatについて

様々な出来事が漂着(float)する場所。

floatは東京都墨田区にあるプレス工場を改装したアトリエ兼イベントスペースです。

Details »

shimozono

高原秀平|下園雄輝「メエルシュトレエム」

この度、あをば荘・floatでは、下園雄輝と高原秀平による二人展「メエルシュトレエム」を開催いたします。

Details »

170203_告知_new

カフェインリノベーション2017

建築家の日高恵理香とスタジオまめちょうだいによる企画です。
本企画は39アートin向島2017に参加しています。http://39art-mukoujima.info
floatのギャラリー部分の改装を行うほか、それに関わる様々な検討図面や墨東地区のリサーチによって生まれた作品を展示します。
2017/3/9〜20 11:00〜18:00のオープンです。
みなさま是非一度覗きに来てみてください。

Details »

13686564_1081022018651340_1398158308165416909_nのコピー

JohnYellow|PERCENTAGE/PERSONIFICATION


 
この度floatでは、John Yellow個展「PERCENTAGE/PERSONIFICATION」を開催いたします。
皆様お誘い合わせの上ぜひご高覧下さい。

 

会期
2016年8/1(月)-7(日)
13.14 20.21 27.28(土日)
13:00-19:00
(8/7以降は土日のみのオープンとなります。)

会場:float

企画:図師雅人

 
Details »

logo2

「不在の選挙」展

選挙前後3日間に行われる、選挙という行為についての考察する展覧会がfloatで行われます。

「個人の意思が巨大なシステムで不在になってしまっている。
我々はこの不在感を抱えた不在者でもあります。そんな不在者が、美術という装置によって、なんとか存在を生み出そうとする場を創りたい。」展覧会のための第一声メモから抜粋

Details »

ishi-4

図師雅人|いしを できるだけ 遠くへ うつす 方法(4)

アトリエメンバーの図師雅人が、「いしをできるだけ遠くへうつす方法」と題した自主企画展を行います。
全4回にわたり、作家の活動を原理的かつ実験的に捉えなおす試みとなります。本展はその第4回目。最終回となります。

 
2016/5/14(土)- 5/29(日) 土日のみ
13:00-19:00
会場:float
入場無料
 
Details »

まやえり|活字を離れて それを選んだ

まやえりの個展を開催します。
本展覧会はfloat、あをば荘2会場での同時開催となります。

Details »

DM1のコピー

吉田博|絵と石

吉田博の個展を開催します。

Details »

fujibayashi_insta

藤林悠|uncertain_03


藤林悠の個展を開催します。

Details »

front

三原回|飛んで死にいる彼は誰れの

この度、floatではあをば荘、ドマトトコと共同での三原回の個展を開催いたします。東京墨田区のオルタナティヴ・スペース3ヶ所を会場に、
2年半ぶりとなる今回の個展は、三原がここ数年「死」との距離をコンセプトに制作を続けてきた中での心境の変化なども経て、シリーズ最新作を一挙に発表する貴重な機会です。
二年前、floatにて開催された前回の個展へのセルフアンサーとしての側面もある本展。2年半前の個展をご覧になった方もそうでない方も是非ともご高覧頂けますと幸いです。

 
三原回|飛んで死にいる彼は誰れの

 
2015/12/30(水)~ 2016/1/17(日)
金土日のみオープン[12/30(水), 31(木)はオープン]
16:30~21:30(1/1を除く金曜日は18:00からオープン)
会場:float・あをば荘(2F)・ドマトトコ 3ヶ所同時開催

Details »

プリント

図師雅人|いしを できるだけ 遠くへ うつす 方法(3)

   

アトリエメンバーの図師雅人が、「いしをできるだけ遠くへうつす方法」と題した自主企画展を本年度3ヶ月に一度ぐらいのペースで行います。
全4回にわたり、作家の活動を原理的かつ実験的に捉えなおす試みとなります。本展はその第3回目となります。

「いしをできるだけ遠くへうつす方法(3)」

2015/12/12(土)- 12/27(日) 土日祝のみ
13:00-19:00

会場:float
入場無料

お問い合わせ
masahitozushi@gmail.com

作家ウェブサイト
http://www.masahitozushi.com
(第1,2回目の作品はこちらでご覧いただけます。)

Details »