明暗元年|美学校・ギグメンタ2018

美学校・ギグメンタ2018の展覧会「明暗元年」が墨田区・台東区の7会場で開催されます。
floatも会場の一つとなっています。

会 期:2018年6月30日(土)、7月1日(日)、7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)、16日(月・祝)/全7日間
時 間:13:00〜19:00
会 場:space dike、sheepstudio、spiid、デトロイトコーンクラブ、あをば荘、まぼろし空間ユブネ、float /全7会場
入場料:500円
※ 全会場共通のフリーパス制
※ パスポート提示で会期中何度でも展示をご覧いただけます
※ パスポート販売会場:float、sheepstudio、space dike、spiid、あをば荘

松蔭浩之と三田村光土里による講座「アートのレシピ」の20名以上に及ぶ修了生有志は、東京下町エリアの7会場を中心に、グループ展「明暗元年」を開催する。
今上天皇退位後の2019年5月1日、皇太子の新天皇即位をもって新元号となる見通しだ。「平らかに成る」とした現今の元号が、この30年余りの世相を反映していたかはさておき、私たちは、ここに新元号を「明暗」と仮定する。先行きが不分明なこの国の現在において、明か暗か、その差異=コントラストの内において、あり得べき未来を想像してみたいのだ。
そもそも、光と影を捉まえることは美術の根幹だろう。デッサンは言うに及ばず、たとえばカメラの起源は、ラテン語で「暗い部屋」を意味する装置「カメラ・オブスクラ」だった。被写体の光線を暗箱に投射し、射影された像を得る。すると原理的に、その像は反転された形で映し出される。では、私たちの「アート」なる針穴を通して浮かび上がる、倒立した、逆さまの、パラレルな立像は、果たして如何なるものなのだろうか。
夏目漱石の長編小説『明暗』は絶筆として未完に終わっている。物語と同様、言うまでもなく結末の見通せない現実の中、各々のやり方、各々のスタイルで、かそけきイメージは結ばれるだろう。その刹那、未だ見ぬ「明暗元年」の項が開かれるはずだ。(文責:中島晴矢)


floatの展示作家

上條信志
1998年東京都生まれ。2018年美學校修了。現在、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科に在学中。日本と韓国という二つの文化を背景に、自らのアイデンティティや社会問題を独自の視点で見つめ、様々なメディアを用いて、ポエジーとユーモアを交えた作品を制作している。

杉野晋平
美学校第7期修了

チキン・コルマ
Il faut cultiver notre jardin.
何はともあれ我々は我々の畑を耕さなければ。(ヴォルテール『カンディード』より)

その他イベントなど詳細は公式ページに掲載

コメントはまだありません

float

floatについて

様々な出来事が漂着(float)する場所。

floatは東京都墨田区にあるプレス工場を改装したシェアアトリエ兼イベントスペースです。

Details »

MAN’s EYE 「Hash Noise」/「2B One」

7/5~7/28の間、floatではMAN’s EYEによる展示とライブを行います。
皆様のご来場をお待ちしております!
Details »

お直し考

お直しカフェのはしもとさゆり、建築を身近に考えるスタジオまめちょうだいが「お直し」をテーマに展示を行います。
穴のあいた衣服を針と糸で塞ぐ、家を木っ端とビスで補強する。広く言えばどちらもお直しでしょうか。

3/8(金)、9(土)、10(日) 11:00〜19:00

※本企画は墨田区のアートプロジェクト39アートin向島参加企画です。
※3/9は39アートの日!来てくださった方には特別な何かをプレゼントします!

float:空想未確認忘年会2018

12月27日の18時からfloatの忘年会を行います。
四谷未確認スタジオの黒坂祐さん、空想地図の地理人(今和泉隆行さん)をお招きしたトークイベントも開催します。

Details »

ARAKI Miyu 「practice ○」

あまり見せないpracticeシリーズの個展を開催いたします。

ものに穴をあけると、価値や機能は失われてしまいます。
なくなること、なくすこと、あなをあけることは、
目が覚めなくなるまでのpracticeだと思っています。

ぜひ、どなたでも、お気軽に遊びにいらしてください。

2018.11.17 – 12.9
金・土・日曜日のみオープン(期間中の月曜日は公開制作予定)
※twitter @aruki3u または araki3u.net のcontactよりお問い合わせください。
※展示期間中にゲストを招いた作品の【 かんしょう 】が行われます。
※展示期間中に作品が増えたり、変化する公開制作型の個展です。

荒木美由 ARAKI Miyu

Details »

#シネマコンプレックス文花

#シネマコンプレックス文花 は文花中学校を中心とした半径500M程度のアートスペース5つが参加する展示と、文花中学校夜間学級を題材にしたドキュメンタリー映画『こんばんは』の上映を核としたイベントです。11/10の文化祭と11/11の巡回展に、floatから國武葵、高橋大地、山本千加、スタジオまめちょうだいが参加します。

#シネマコンプレックス文花 はfloatから徒歩5分程度の場所にある文花一丁目のシェアアトリエ「ドマトトコ」をメイン会場に開催されます。

Details »

明暗元年|美学校・ギグメンタ2018

美学校・ギグメンタ2018の展覧会「明暗元年」が墨田区・台東区の7会場で開催されます。
floatも会場の一つとなっています。

会 期:2018年6月30日(土)、7月1日(日)、7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)、16日(月・祝)/全7日間
時 間:13:00〜19:00
会 場:space dike、sheepstudio、spiid、デトロイトコーンクラブ、あをば荘、まぼろし空間ユブネ、float /全7会場
入場料:500円
※ 全会場共通のフリーパス制
※ パスポート提示で会期中何度でも展示をご覧いただけます
※ パスポート販売会場:float、sheepstudio、space dike、spiid、あをば荘

Details »

float:おむすび会

「おむすびからはじめませんか?」を合言葉に、全国を旅しながらおむすびを結んでいる、旅するおむすび屋さん
旅するおむすび屋さんが全国で見つけたお米や海苔、塩がfloatで出会います!みなさんが見つけたオススメ具材もお待ちしてます!墨田区ならではの具材に出会いたい◎

Details »

「P.M. 02:00」Private mission by Mari maeda

Details »

float : さいはてのキャバレーとはなんだったのか忘年会2017

floatの忘年会を開催します。
去年のセコリ荘おでんナイトに続き、今年はEat&Art Taroさんをお呼びして「さいはてのキャバレーとは何だったのか忘年会」という趣旨のイベントにします!

Details »

墨東マチカラ・ワークショップ

まち×マンカラ!
今でも金属加工や繊維の町工場が多く点在する墨田区。
実際にはどんなものが作られているのだろう?
このワークショップでは墨東エリアの町工場から出る部品でおはじき作りをします。
完成したらマチカラ用オリジナルボードで遊びます♪ マンカラを知らない方でも是非ご参加ください。

Details »